金について はじめての方はこちら
Store Guide 店舗案内

製造職社員

製造職社員

久喜工場 「製造部 第一製造発科」
機械科出身 2012年度入社

「同じ志を持った同期と、非常に仲が良いことも魅力です。」


貴金属といってもとても幅広いのですが、私は主に工業用製品、歯科用材料、宝飾品材料の基礎となる素材作りを担当しています。材料毎に炉体作りをし、金・銀・プラチナ・パラジウムなどの原材料を連続鋳造という特殊な装置を使って溶かし、品質を監視しながら用途別の形状に引き出す加工を行っています。連続鋳造装置は複数あり、それを同僚と連携し稼働させています。入社後、教育訓練計画に沿って作業を習得し、2年目を迎えた頃からは責任者として装置を稼働させています。

この仕事は既に量産している製品の場合は、加工条件が設定されているので、安定した品質を保って加工できますが、新規開発品となると求められる品質を実現するまでは細かな条件出しが必要で、一筋縄ではいきません。例えば、ガス溶解していたものを、より生産性を上げてコストダウンするために「高周波を使用し、溶解から鋳造を連続して行うことで工数を削減できないか」という相談を技術から受けました。試行錯誤を繰り返し、何度もチャレンジしましたが期待していた成果までは届きませんでした。ここでは成果は残せませんでしたが、技術との連携がとれ一丸となれたことや、新しいものを導入することの難しさと奥深さ、やりがいを学びました。

もともと、ものづくりに興味がありました。また親戚の多くが「鉄道関連」で働いていたことから、就職活動時には「ものづくり」×「鉄道関連」という軸で探していました。この会社は鉄道関連の部品だけではなく、交通に関わること、医療、生活を便利にするITに関わる製品など、日常生活には欠かせない関連部品をつくっていることを知って興味を持ちました。実際に工場見学をしたときも、キレイに整理整頓された工場を見て、より惹かれましたし、実際にものづくりに携われるというイメージを持つことができたので志望しました。

入社後に感じたことですが、同じ志を持った同期と非常に仲がいいことも魅力です。他部署だからこそ、お互いの技術の知識などを共有できますし、その仲間の存在もやりがいのひとつになっています。

Web地金購入
Webスポット購入
Web購入預入れ
金・プラチナ地金 定額購入 残高照会
金・プラチナ地金 定額購入 資料請求
GTKシステム 資料請求
貴金属の買い取り承ります 貴金属買取
各種お問い合わせはこちらから お問い合わせ