金について はじめての方はこちら
Store Guide 店舗案内

開閉接点材料 ブレーカーやマグネットスイッチなどの開閉接点としては、Cdフリー系材料を各種取り揃えております。特にCFシリーズならびにCFAシリーズは、Ag-SnO2-In2O3を主成分とした内部酸化法による接点材料で、従来のCdを含んだ接点と比較しても遜色のない性能を有しており、多くのお客様からご好評をいただいております。

CFシリーズ

CFシリーズ
特徴

接点裏面にAg層を設けたもので、ろう付け、スポット溶接等に対応でき、低負荷用から高負荷用まで各種取り揃えています。

主な用途

ブレーカ、マグネットスイッチ

CFシリーズの物理特性(参考値)

シリーズ 品名 Ag成分 wt% 硬さ HV 伝導度 IACS% 密度 g/立方cm 主な使用実績定格(A) 主な用途
CF CF355 89.4+MeO 130 55 10.0 ブレーカ
CF455 88.1+MeO 130 55 10.0 低~中 ブレーカ・
マグネットスイッチ
CF500 89.9+MeO 110 55 10.1 低~高 マグネットスイッチ
CF504 90.6+MeO 110 55 10.2
CF510 89.9+MeO 120 55 10.1
CF831 86.6+MeO 135 50 9.8 中~高 ブレーカ
CF10N Ag+MeO 100 75 10.0 ヒューズなど
参考 TF10SC
(Ag-CdO系)
87.0+MeO 110 65 10.2 - -

定格負荷目安
低:1~30A/中:30~100A/高:100A以上

CFAシリーズ

CFAシリーズ
特徴

加工性に優れ、リベット形状への加工が可能です。

主な用途

ブレーカ、マグネットスイッチ、リレー、車載用接点

CFAシリーズの物理特性(参考値)

シリーズ 品名 Ag成分 wt% 硬さ HV0.2 電導度 IACS% 密度 g/立方cm 主な使用実績定格(A) 主な用途
CFA CFA355 89.4+MeO 110 60 10.0 ブレーカ
CFA455 88.1+MeO 100 60 10.0 低~中
CFA500 89.9+MeO 110 60 10.1 マグネットスイッチ
CFA510 89.9+MeO 100 60 10.1
CFA621 90.0+MeO 120 60 10.2 車載用リレー・
マグネットスイッチ
CFA831 86.6+MeO 130 60 9.8 中~高 ブレーカ・リレー
CFA941 84.1+MeO 135 60 9.9 ブレーカ
参考 TF10SC
(Ag-CdO系)
87.0+MeO 110 65 10.2 - -

定格負荷目安
低:1~30A/中:30~100A/高:100A以上

Ag-Niシリーズ

Ag-Niシリーズ
特徴

低コストで加工性に優れた接点材料です。

主な用途

マグネットスイッチ、リレー

Ag-Niシリーズの物理特性(参考値)

シリーズ 品名 Ag成分 wt% 硬さ HV0.2 電導度 IACS% 密度 g/立方cm 主な使用実績定格(A) 主な用途
Ag-Ni 70Ag-Ni 70.0+Ni 110 75 10.0 マグネットスイッチ・
リレー
80Ag-Ni 80.0+Ni 105 80 10.1
85Ag-Ni 85.0+Ni 100 85 10.2
90Ag-Ni 90.0+Ni 95 90 10.3
参考 TF10SC
(Ag-CdO系)
87.0+MeO 110 65 10.2 - -

定格負荷目安
低:1~30A/中:30~100A/高:100A以上

掲載品以外の組成に関してはお問い合わせください。

CFA500断面組織例
CFA500断面組織例
CF510断面組織例
CF510断面組織例
図 CFA621接点 消耗特性(参考)
図 CF510接点 消耗特性(参考)
図 CF510接点 消耗特性(参考)
図 CF510接点 消耗特性(参考)

開閉接点は、開閉時に発生するアークによって消耗していきます。CFシリーズ及びCFAシリーズはこれらの消耗を抑え、従来のAg-CdO系接点材料と同等の性能を有しています。
図 CF接点の接触抵抗(参考)
図 CF接点の接触抵抗(参考)

開閉接点に求められる特性のひとつとして、接触抵抗がありますが低接触圧でも接触抵抗の低い材料を用意いたしております。

 

Web地金購入
Webスポット購入
Web購入預入れ
金・プラチナ地金 定額購入 残高照会
金・プラチナ地金 定額購入 資料請求
GTKシステム 資料請求
貴金属の買い取り承ります 貴金属買取
各種お問い合わせはこちらから お問い合わせ