はじめまして。

「徳力のとびら」を開いていただき、ありがとうございます。
私たちが地金商として歴史を刻み始めたのは、江戸時代の享保年間。おおよそ三百年もの昔になります。その後時代の変遷とともに歩みを続け、現在では伝統と信頼に裏打ちされた総合貴金属メーカーとして様々な製品を世に送り出しています。
ところで一口に“貴金属”といっても、多くの方がイメージするジュエリーのような装飾品だけではありません。徳力本店の貴金属製品は、皆さんの日常の暮らしに密接にかかわる工業用アイテムとしても実は大切な役割を担っています。たとえば今やすっかり身近な存在になった、携帯電話やパソコン。そんな身の回りの製品にも私たちの最先端製品が使われています。
ですから、「はじめまして」ではなく「またお会いしましたね」が正しいご挨拶になるかもしれませんね。というわけで、長い時代を超えて人と貴金属を結び続けてきた徳力本店のこれまでの道のりをご紹介します。